藝術文化の薫るまちinひの【第九&クリスマスキャロル】2015年12月20日(日)

『藝術文化の薫るまちコンサート』概要

事業名称:『第九&クリスマスキャロル』
開催日:2015年12月20日(日)午後3時開演
場所:ひの煉瓦ホール/日野市神明1-12-1
指揮:神宮 章
管弦楽:アンサンブルJ管弦楽団
ソリスト:
 ソプラノ 藤谷佳奈枝
 メゾピアノ 谷口睦美
 テノール 村上敏明
 バス カルロ カン
合唱:
 コーラルファンタジーin ひの
 アンサンブルJ合唱団
合唱指導:泉 智之
ピアノ:松嶋弥生

第1部曲目:
 混声合唱のための唱歌メドレー「ふるさとの四季」
第2部曲目:
 ホワイトクリスマス
 スターダスト
 荒野の果てに
 赤鼻のトナカイ
 星に願いを
 ハッピークリスマス
第3部曲目:
 交響曲第九番「合唱付」〜ベートーヴェン〜

チケット:全席指定、好評発売中!
(1)料金 S席3,000円、A席2,000円、高校生以下1,000円
(2)ひの煉瓦ホール(日野市民会館窓口)で現金購入
(3)七生公会堂の窓口で現金購入
(4)東京文化会館チケットサービスで購入
 03(5685)0650へ電話で
 またはHP(http://www.t-bunka.jp/)でお申し込み下さい。(いずれの場合も別途手数料がかかります)予約日を含めて5日以内にセブンイレブンでお支払いして頂くとチケットを受け取れます。
(5)車椅子席はS席(有料)です。付き添いの方はご本人の後ろ(無料)です。
(6)就学前のお子様の会場へのご入場はご遠慮願います。
 保育室(無料)をご利用になる方は12月4日(金)までに日野市役所 文化スポーツ課藝術担当へお申込みください。
 電話:042(585)1111 内線 7711

主催:日野市、藝術文化の薫るまちinひの実行委員会
共催:日野市市民会館文化事業協会
事務局:日野市役所 文化スポーツ課藝術担当
 042(585)1111 内線 7711

出演団体はこちら

出演者


神宮 章
(指揮)
日野市出身

ボリビアの首都ラパス市立管弦楽団を指揮し同楽団の音楽監督に就任した。その後ボリビア国立交響楽団も指揮し絶賛を博した。そのコンサートは国立放送局から「Concierto de AKIRA JINGU」として毎週シリーズとして放送された。コンサートは絶賛を博し、その成果に対しラパス市名誉市民賞を授与された。
多くのオーケストラ、オペラ、合唱を指揮し、古典、ロマン派の演奏を得意とする。オペラではヴェルディ作曲の「ドンカルロ」、「椿姫」、「トロヴァトーレ」、「マクベス」、「アイーダ」、「シモンボッカネグラ」等の公演を指揮し、高い評価を受けている。またプッチーニ作曲の「ラ・ボエーム」、「蝶々夫人」、「外套」、マスカーニ「カヴァレリアルスティカーナ」、レオンカヴァーロ作曲「道化師」、その他「カルメン」、「魔笛」、「フィガロの結婚」、「ワルキューレ」等多くのオペラ公演を指揮し絶賛を博している。
活動は海外でも盛んでハンガリーのブタペスト国立歌劇場、イタリア、ミラノ、ローマにおける公演も行っている。
近年ではアンサンブルJ管弦楽団、アンサンブルJ合唱団を結成し合唱曲、管弦楽曲の演奏も盛んにおこなっている。
日野煉瓦ホールの年末「第9コンサート」の指揮も行うこととなった。

藤谷佳奈枝
(ソプラノ)

香川県出身。東京藝術大学声楽科卒業。卒業時にアカンサス賞・同声会賞を受賞、同新人演奏会に出演。同大学大学院音楽研究科修士課程(オペラ専攻)修了。イタリア国立パルマ音楽院アッリーゴ・ボーイトを首席で卒業。 1998・1999年高松テルサ音楽祭・グランプリ受賞。第4回KOBE国際学生音楽コンクール・特別賞。第53回全日本学生音楽コンクール・声楽部門・高校の部・大阪大会第1位。第58回同コンクール・大学一般の部・東京大会・奨励賞。第14回日本クラシック音楽コンクール・声楽部門・最高位。第11回世界オペラ歌唱コンクール『新しい声2005』アジア予選決勝出場。平成17年度友愛ドイツリートコンクール・第2位。第37回イタリア声楽コンコルソ・ソプラノ特賞。第14回日仏声楽コンクール・第2位。第76回日本音楽コンクール・第2位、合わせて岩谷賞(聴衆賞)を受賞。
日本でのオペラ出演は2003・2009・2013年 モーツァルト作曲『コジ・ファン・トゥッテ』デスピーナ、2003・2005・2008年 J.シュトラウス II世作曲『こうもり』ロザリンデ、2006年 モーツァルト作曲『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ、2006年 ビゼー作曲『カルメン』ミカエラ、2006年 プッチーニ作曲『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタ、2006年 ブレトン作曲『パロマの夜祭』スサーナ、2007・2014年 プッチーニ作曲『ラ・ボエーム』ミミ、2008・2009年 プッチーニ作曲『ラ・ボエーム』ムゼッタ、2009・2011年 フンパーディンク作曲『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、2012年 モーツァルト作曲『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、2012年 サイトウキネン本公演、山田和樹指揮 オネゲル作曲『火刑台上のジャンヌ・ダルク』ヴァージン・マリー、2012年 ヴェルディ作曲『リゴレット』ジルダ、2013年 サイトウキネン本公演、小澤征爾指揮、ロラン・ペリー演出、ラヴェル作曲『子供と魔法』安楽椅子、コウモリ、2014年 東京・春・音楽祭、マレク・ヤノフスキ指揮 ワーグナー作曲『ラインの黄金』フライア、2015年 同音楽祭『ワルキューレ』オルトリンデ、2015年 モーツァルト作曲『フィガロの結婚』スザンナ等を演じる。
2016年6月、日生劇場のロッシーニ作曲『セヴィリアの理髪師』ベルタ役などで出演予定。

谷口睦美
(メゾソプラノ)

高知県出身。東京芸術大学卒業、同大学院修了。09年出光音楽賞受賞。06年二期会オペラデビューとなったP.コンヴィチュニー演出『皇帝ティトの慈悲』セストで大成功を収めた。以降、当たり役となった『カルメン』タイトルロール、二期会『ナクソス島のアリアドネ』作曲家、『カプリッチョ』女優クレロン等、重要公演に立て続けに出演。その艶やかで豊麗な美声で圧倒的な存在感を示した。以降、13年びわ湖・神奈川『椿姫』フローラ、佐渡裕プロデュースオペラ『セヴィリャの理髪師』ベルタ、14年新国立劇場『カヴァレリア・ルスティカーナ』ローラ、『鹿鳴館』大徳寺公爵夫人季子、15年佐渡裕プロデュースオペラ『椿姫』フローラ等コンスタントな活躍を見せる。コンサートにおいても、12年佐渡裕指揮「一万人の第九」を始め、ヴェルディ「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」等のソリストを務める他、テレビ朝日「題名のない音楽会21」へも相次ぎ出演。視聴者から大きな反響を呼ぶなど常に注目の的である。二期会会員。

村上敏明
(テノール)
日野市出身

国立音楽大学声楽学科卒業。文化庁在外研修員他の奨学金を得て、2001年より2007年までイタリア・ボローニャに留学。イタリアオペラを中心に45役を超える幅広いレパートリーを有し、国際的に活躍を続けている。2002年に、オルヴィエートのマンチネッリ劇場にて「リゴレット」マントヴァ公爵でヨーロッパデビュー。藤原歌劇団では、「蝶々夫人」ピンカートン・「ルチア」エドガルド・「仮面舞踏会」リッカルド、新国立劇場では、「椿姫」アルフレード・「黒船」領事・「修禅寺物語」頼家・「ラ・ボエーム」ロドルフォ・「愛の妙薬」ネモリーノ等に主演し、常に最大級の賛辞を受けている。在伊中、15の国際声楽コンクールで優勝または上位入賞。2012年から4年連続で、NHKニューイヤーオペラコンサートに出演。今後も、新国立劇場尼崎公演「蝶々夫人」ピンカートン、仙台オペラ協会「カルメン」ドン・ホセ、オペラ彩「ルチア」エドガルド、藤原歌劇団「トスカ」カヴァラドッシ等、多くの大舞台に出演予定。平成16年度五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。藤原歌劇団団員。南大沢コミュニティオペラ音楽監督。人気実力ともに、日本を代表するテノール歌手として、活躍の幅を広げている。

カルロ・カン
(バリトン)
ソウル在住

韓国ソウル出身。キュンヒ大学卒業。イタリア・ミラノ国立ヴェルディ音楽院修了。1999年ヴェルディ-優勝、2000年RAI主催マリア・カラス-優勝、ビルバオ-優勝、2001年OPERARIAプラシド・ドミンゴ-第2位、2002年ジャコモ・アラガル-優勝、ドレスデン-第3位等、数多くの国際声楽コンクールで優勝・入賞を果たす。パルマ王立劇場で「イル・トロヴァトーレ」ルーナ伯爵を歌いオペラデビュー。その後も、カターニャ、ジェノヴァ、トリエステ、アレーナ・ディ・ヴェローナ等のイタリアの大劇場や、ブエノスアイレス・テアトロ・コロン、カイロ、リンツ、フランクフルト等世界中の歌劇場で、常に主役として活躍している。とりわけ「リゴレット」「椿姫」「ドン・カルロ」「運命の力」「オテロ」等の諸役でのヴェルディ歌手としての実績は、世界的な評価を受けている。2011年、キュンヒ大学声楽科教授に就任。2008年富山での、チョン・ミュン・フン指揮「ラ・ボエーム」マルチェッロ役で初来日。日野市「第九」公演には、3度目の出演となる。比類なきキャリアと圧倒的な歌唱で、韓国ナンバーワン・バリトンとして活躍している。

カルメンのダイジェスト版映像



これまでのコンサート

2007年 ベートーヴェン第九
     村上敏明と歌う「第九」
2008年 クリスマスコンサート メサイアほか
2009年 ベートーヴェン第九   名曲アリア
2010年 カルメンとベト7 震災のため中止
2011年 カルメンとベト7
2012年 第九そしてソリストたちのアリア
2014年 春の第九とアリア
2014年 第九&スクリーンミュージック
    
詳細は、過去のコンサート参照

実行委員募集

 私たち『藝術文化の薫るまちinひの実行委員会』は、おもに合唱団が中心になって活動しています。
その合唱団は、「コーラルファンタジーinひの」といいます。
現在、約100名の人たちが会員登録して活動していますが、その中から、約10名が役員となってお世話をしています。
中には、合唱をしない人も、会員となってお手伝いをしてくれる人もいます。

 こうした活動に関心のある方、経験などは一切といませんので、ご連絡ください。

連絡先:


日野市役所文化スポーツ課芸術担当
042(585)1111 内線7711

練習日・会場(予定)

コーラルファンタジー練習日

11/19:30〜12:00 新町交流センター
11/89:30〜12:00 多摩平ふれあい館
11/159:30〜12:00 新町交流センター
11/229:30〜12:00 多摩平交流センター
11/299:30〜12:00 新町交流センター
12/69:30〜12:00 新町交流センター
12/139:30〜17:00 東部会館
12/19(土)9:30〜17:00 新町交流センター
12/20本番 大ホール

出演団体紹介

コーラルファンタジーin ひの

2007年日野市が「ベートーヴェン第九コンサート」を行う際に募集した合唱団が母体となって誕生した市民合唱団です。その後自主独立して“藝術文化の薫るまちinひの実行委員会”の合唱団として活動しています。毎年日野市から支援をいただいてコンサート行っています。「ベートーヴェン第九」が多いのですが、日野市からの要請により公共施設での記念行事等にも出演します。
現在約100名の合唱団員を擁しています。合唱団員は日野市を中心に八王子市、府中市、立川市など多摩地区の近隣市からの参加者もいます。また市内の少年少女合唱団が参加することもあります。毎回一流のソリストをお招きしてオーケストラとともに迫力あるサウンドを提供しています。クラシック音楽に興味のある方はご一緒に歌ってみませんか?

アンサンブルJ 合唱団

10年前、団員16名から始まり、楽譜が読めなくても大丈夫、音楽初心者大歓迎!を謳い文句に「楽しく」をモットーに練習はわきあいあい、でも定期演奏会は音楽監督兼代表の神宮章の熱く、しかしおおらか指導で過去にモーツァルト「戴冠ミサ」「レクイエム」ヘンデル「メサイヤ」ヴィヴァルデイ「グロリア」ベートーヴェン「第九」を130名で本格的なオーケストラと実力派のプロのソリストと共演をはたしました。毎週水曜夜練習に励んでいます。
ホームページ http://ensemblej.otodo.net/

アンサンブルJ 管弦楽団

神宮章氏の提唱により1998年に発足、1999年1月にオール・モーツァルトプログラムによる第1回演奏会を開催、これまでに8回の自主演奏会を行う傍ら、主に多摩地区の合唱団や神宮氏ゆかりのソリストと数多く共演、好評を博している。2002年8月にはハンガリー国立歌劇場管弦楽団とともに同歌劇場にてモーツァルト「レクイエム」を演奏、また2011年1月にはザルツブルグのモーツァルテウム大学にて同曲を演奏し、いずれも絶賛を博した。毎年12月に開催されている日野煉瓦ホール「第九コンサート」にも引き続き出演予定。